トップチューブ上の空間をフル活用。小径車のための旅するトップチューブバッグ

走行距離を比べれば、700C車には遠く及ばないだろう。
でも、距離ではなく時間を掛ける自転車旅があってもいいのではないだろうか。
そう、小径車にはそんな楽しみ方がある。

小径車のトップチューブ上という、今まで有効活用しきれていなかった広大なデッドスペース。
そのスペースを積載スペースへと転換することができる「トップチューブバッグ」は、
小径車だけに許された特権なのかも知れません。

さぁ小径車で旅に出ようじゃないか!

■送料■
一律600円
但し、東北・南九州+200円
北海道+600円
沖縄県+900円
離島は、実費申し受けます

partnerv2